糖尿病の方のための食事が新発売|便利なサービス

介護
このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿の方の食生活

料理

料理などで控えるべきもの

糖尿病、主に2型糖尿病と診断された患者さんは、治療のために、ある程度の食事制限が必要とされています。数多くあるなかでも、特に注意して摂る量を意識しなければならないのは、油分、糖分、塩分の三つです。この三つは食事制限において、意識して減らすべきものです。ただし、制限といっても一切食べてはいけないというわけではありません。実際、糖尿病の方には、白米や糖類を全くとってはいけないと思っている方もいますが、あくまでも控える程度で十分です。現在は病院での食事療法などもあり、大きな病院でなくとも受けることができます。病院によっては、外部の管理栄養士さんと提携しているところもあり、出張で食事療法を指導してくれる場合も少なくありません。このようなサービスを意識して利用することが糖尿病の食事療法の成功につながります。

楽にカロリー計算する方法

糖尿病の食生活による治療は、緻密なカロリー計算が必要になります。計算には、食品成分表という、食品ごとのカロリーや成分の記載されている表を使い、一日のカロリー量を計算していくのが一般的です。しかし、この計算は想像以上に大変な作業で、一人分の量を計算していくのは、気が遠くなるほどです。そこで使うのが単位という考え方です。単位というのは食品交換表を使ったカロリー計算に使われる、決まり事です。一単位当たり80キロカロリーとされており、自分に必要なキロカロリー数を80で割ることで、一日に何単位を摂ればいいのか分かるという仕組みです。あとは食品交換表と照らし合わせて、食事を作るだけで楽に食事制限のルールに沿ったものが作れます。この方法を使うことによって、毎日の計算が少し楽になります。

生活習慣が招く病と対策

和食

糖尿病は、肥満や生活習慣の乱れによって引き起こされます。糖尿病の対策のためには、食事に気をつけることが必要です。一日三食を心がけ、栄養バランスを保ち脂質や糖質の摂取は控えるようにしましょう。家族や周りの人の協力の下、工夫した食事を摂ることが重要です。

Read More

血糖値をよく見ること

病食

1型と2型に分かれる糖尿病は合併症になる可能性があります。これは生活習慣の乱れが原因の場合もあります。そのため、決まった時間に栄養バランスのとれた食事を三食摂ることが大切です。そうすれば血糖値を安定させることができます。

Read More

病気でもおいしく食べたい

家族

糖尿病は、生活習慣病といわれています。食生活も大きく影響していますので、食事をきちんと見直すことが大事です。糖尿病の食事療法は、味気ないと思うかもしれません。重要なのは、食べる量をきちっと把握し、早食いをしないこととおいしい日本食や旬の味を生かしたお料理で、楽しく食事をすることです。

Read More

Recommended Links

  • ほんとうにやさしい糖尿病の食事療法の始め方

    糖尿病の食事のメニューには気を遣うものですよね。正しい病食の知識をつけておく必要があるのでこちらを要クリックです。